農機具の本当の仕事

農業機械の一般的な耐用年数は7年です。年に数回しか機械を使わないと言っても、田植えをするのに農機具は絶対必要になってくるものです。

農機具はたくさんの部品でできています。部品と部品の間にも大量の水・油・ガスが潤滑剤として入っていて、機械の劣化というのはこれらの潤滑剤のバランスがうまく取れず、能力が落ちてしまうことを言います。部品が壊れてしまうとうまく使うことができないので、新しいものが必要となってしまいます。またいくらエンジンオイルなどをメンテナンスしてると言っても部品が壊れていくのは仕方のないことです。いくら仕事で使っていて自分の機械に愛着がわいているといっても使えない機械をずっと置いておくことはできませんよね。

そこで、田植え期の耐用年数は一般的に7年ですので、その使える時期より早く買取に出してしまうのもいい手です。田植機は新品を買おうとすると最低でも200万円ほどはかかってしまう上に、定期的なエンジンオイルやエレメントなどのメンテナンスも必要になってきます。このため、とにかく出費は増えていくばかりです。費用の節約のためにも使わない農機具を買取に出して新しい機械や資材を買う資金にしてみてはいかがでしょうか。

気になるお金のハナシ

農機具の買取と言っても、気になるのはかかる費用や売れる金額です。田植え機であれば買取の相場は1万円以上、高いものであれば20万円を超える場合もあります。さらに、日本製のものは丈夫なので新しいものほど高く売れる傾向があります。そして、業者によっては機械の状態によってボーナス資金が出る場合もあります。

古くても状態のいいもの、大切に使われていて傷のないもの、アワーメーターの少ないもの、30馬力以上あるもの、キャビンやエアコンがついているものなど状態によってそれぞれ買い取り金額を上げることができます。自分の使っている農機具を確認してみてはいかがでしょうか。もしかしたら思っている異常に高価買取が可能になるかもしれません。

関連サイト《農機具買取サービス:農機具高く売れるドットコム》

また、農機具を使う時期や農機具を使用する回数にも注目して考えてみましょう。車と違って農機具は田植えをする年に数回というくらいの回数しか使用せず、ほとんどは倉庫に眠っている状態になってしまっているわけです。田植えの時期は一般的に4月~6月ですので、その時期が売買者がもっとも農機具を欲しがる時期となります。

自分で農機具を処分しようとすると、手続きも大変だし時間も費用も余分にかかってしまいます。業者であれば、スピーディーに対応してくれるため、もっと効率よく農機具の買取を行うことができます。

田植機の買取って?

倉庫の中に、使っていない農機具が眠っているなんてことありませんか?農機具は置いておくだけで場所をとってしまう。だけどどう処分したらいいのかわからない。そんな時は買取がおすすめです。

農機具といってもいろいろな種類があります。代表的なトラクター・コンバインから播種機・散布機・精製器・土入れ専用機その他アタッチメントにいたるまでさまざまな種類の農具器の買取をしてもらうことができます。もちろん新しい農機具だけではなく、古い農機具でも買取をしてもらえます。たとえば20~30年前のものでも問題ありません。本当に売れるのかといった心配の必要もありません。日本製のものは丈夫なので、壊れにくく、海外でも多くの需要があります。また、お手持ちの農機具が壊れている場合でももちろん買取が可能です。故障をしているからと無駄にお金を取られる心配もありません。

自分で農機具を処分しようとすると、故障車や古い年式のものは高額な費用がかかってしまいがちです。しかし、業者の買取に任せてしまえば、万が一値段がつかないような農機具でも格安で処分してもらうことができます。もちろん部品のみの買取もOKです。誰かに譲りたい場合の名義変更だって業者が全て行ってくれます。また、買い取りをする際には査定をすることをお勧めします。無料で査定を行い業者も多くあるため、複数社に査定を依頼して、金額の高さやサービスを比較して依頼先を決めてください。