気になるお金のハナシ

農機具の買取と言っても、気になるのはかかる費用や売れる金額です。田植え機であれば買取の相場は1万円以上、高いものであれば20万円を超える場合もあります。さらに、日本製のものは丈夫なので新しいものほど高く売れる傾向があります。そして、業者によっては機械の状態によってボーナス資金が出る場合もあります。

古くても状態のいいもの、大切に使われていて傷のないもの、アワーメーターの少ないもの、30馬力以上あるもの、キャビンやエアコンがついているものなど状態によってそれぞれ買い取り金額を上げることができます。自分の使っている農機具を確認してみてはいかがでしょうか。もしかしたら思っている異常に高価買取が可能になるかもしれません。

関連サイト《農機具買取サービス:農機具高く売れるドットコム》

また、農機具を使う時期や農機具を使用する回数にも注目して考えてみましょう。車と違って農機具は田植えをする年に数回というくらいの回数しか使用せず、ほとんどは倉庫に眠っている状態になってしまっているわけです。田植えの時期は一般的に4月~6月ですので、その時期が売買者がもっとも農機具を欲しがる時期となります。

自分で農機具を処分しようとすると、手続きも大変だし時間も費用も余分にかかってしまいます。業者であれば、スピーディーに対応してくれるため、もっと効率よく農機具の買取を行うことができます。